ワードプレスとは?初心者にも分かりやすく徹底解説!

ワードプレスとは

考える女性イメージ

WordPress(ワードプレス)は、世界で圧倒的なシェアを誇る、オープンソースの無料ブログ作成ソフトウェアです。

HTMLやCSSの知識が無くても、WEBサイトやブログを簡単に作成することができるので、個人での利用はもちろん、企業サイトなど法人にも多く利用されています。

どんな特徴・メリットがあるの?

OK

無料で使える

ワードプレスはオープンソースのソフトウェアで、無料で使うことができます。

個人利用・商用利用に関わらず、費用がかかることはありません。

ただし、ワードプレスを使う為には、レンタルサーバー等のサーバー環境が必要になってくるので、レンタルサーバー台などは別途かかってくるので注意しましょう。

また、オリジナルのURL(独自ドメイン)を取得してブログやサイトを公開したいといった場合には、ドメイン取得代金が別途かかってきます。

広告が入らない

無料ブログサービス等でも、無料で簡単にブログを立ち上げることが出来ますが、意図していない広告が入ってしまうのがほとんどです。

ワードプレスは無料で使えるサービスにも関わらず、広告が入ることはありません。

WEB知識が無くても簡単にページ作成・更新ができる

ワードプレスはWEB作成の知識が無くても、簡単にWEBサイトの作成・更新をすることができます。

テキスト入力や画像の貼りつけ、表示したい項目をドラッグ&ドロップなど、簡単操作をするだけでWEBサイトが作れてしまいます。

サイトデザインを簡単に切り替えできる

ワードプレスには非常に多くのテーマが存在します。

テーマとはサイトのデザインを切り替えることが出来るものになります。

テーマを切り替えるだけで、コンテンツの内容はそのままで、サイトのデザインだけを変更することが出来ます。

デフォルトでテーマがいくつか用意されており、その他、無料で公開されているものや有料で公開されているもの等、非常に多くのテーマがあります。

また、自分だけのオリジナルのテーマを作成することもできます。

プラグインが豊富にある

プラグインとは、ワードプレスに新たな機能を追加するためのものになります。

例えば、「Wordpress Popular Posts」と言うプラグインを使えば、閲覧数の多い人気記事を一覧で表示させることができます。

こうしたプラグインが、ワードプレスには豊富に用意されているので、非常に便利です。

自由自在にカスタマイズ出来る

ワードプレスはカスタマイズ性が高いので、HTMLやPHPなど、WEB制作の知識がある人が利用すれば、自由自在にカスタマイズすることができます。

上記で紹介した、ワードプレスのテーマやプラグインを、自分だけのオリジナルなものを作成することだってできます。

参考にできるリソースが豊富

ワードプレスのようなCMSはMovableTypeやJoomlaなど様々なものがありますが、最も利用率が高いのがワードプレスです。

そのため、参考にできるリソースが多く、日本語で書かれたノウハウ(情報)が非常に多く共有されています。

テーマやプラグインの設定方法や、カスタマイズのやり方など、豊富な情報がWEBや文献にあるので、やり方が分からなくて困るといったことはまずありません。

SEO効果はある?

ワードプレスを使っただけでSEO効果が高くなるといったことはありません。

しかし、ワードプレスにはSEO対策ができるプラグインが公開されていたり、人気記事一覧を表示させてサイト閲覧者がサイト内を巡回しやすいような仕組みを作ったりと、ワードプレスはSEO対策をしやすいといったメリットはあります。

くれぐれも、ワードプレスを使うだけでSEO効果が高まるといったわけではないのでご注意を。

ワードプレスの設置仕方は2通り

では、早速ワードプレスを使ってブログやサイトを運営したいという方もいるかと思います。

ワードプレスを利用するには、まずはサーバーに設置する必要があるのですが、ワードプレスを設置する方法は以下の2通りあります。

(1)手動でアップロードし、手動でインストールを行う方法
(2)サーバー側で用意されている「簡単インストール機能」を使ってインストールする方法

おすすめは、断然(2)の、「簡単インストール機能」を使った方法です。

この、「簡単インストール機能」は、ほとんどのレンタルサーバー会社で提供されている機能です。

サーバーに関する知識や技術は一切必要無く、ワンクリックであっという間にインストールが完了します。

ワードプレスにデメリットはないの?

デメリット

基本的にワードプレスにデメリットは無いですが、唯一あげるとしたら「表示速度」です。

ワードプレスは動的にページを生成して表示をするので、HTMLサイトなどの静的なページに比べると、表示層度は遅くなる傾向にあります。

動的ページとは、閲覧者がページにアクセスするたびに、データベースにページの情報を取りに行って、ページを生成して表示させるページのことを言います。

静的ページとは作成してあるページをそのまま表示させるだけのページを言います。

ただ表示させるだけでいい静的ページと違って、ユーザーがアクセスするたびにページを生成する動的ページはどうしても表示が遅くなりやすいです。

そのため、ワードプレスを使う場合には、ある程度性能の良いサーバーを使う必要があります。

ワードプレスを快適に利用できるサーバー

ワードプレスを使ったサイトでもサクサク表示できる、性能のよいレンタルサーバーを紹介します。

エックスサーバー

エックスサーバー

コストパフォーマンスを考えるなら、断然エックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーは、高速・高機能・安定性の3拍子がそろったレンタルサーバーです。

一番安いプランでも、マルチドメインが無制限でMySQLを50個まで作成することができるので、ワードプレスサイトを複数運営することができます。

サイトの表示速度も速く、高稼働率で安定性も高いのでサーバーが落ちることもほとんどありません。

エックスサーバー公式サイト

WPX

WPX

ワードプレスでサイトを運営するなら、ワードプレスに特化した超高速レンタルサーバーWPXもおすすめです。

ワードプレスに特化したサーバーということもあり、ワードプレスサイトもサクサクと表示されてストレス無く快適に運用することができます。

独自のキャッシュ処理を採用することで、サーバーにかかる負荷を最小限にし、サーバーの高速動作を実現させたようです。

高速にこだわりたいならWPXもおすすめです。

wpXレンタルサーバー公式サイト