SSD搭載!超高速レンタルサーバー比較!

SSDはHDDよりも高速で処理が行えるのが特徴で、サイトの表示速度も高速になります。

サイトの表示速度が高速になる事は、ユーザーを確保する上で非常に重要なポイントです。

大量のアクセスがあった場合でも、サイトの表示が遅くなったり、エラーとなってサイトが表示できなくなるといった影響を受けるリスクがほとんど無く、安定したサイト運営をすることが可能です。

そんなSSDを標準で搭載した超高速レンタルサーバーを紹介します。

「SSD搭載」レンタルサーバー

ConoHa WING

ConoHa WING

ConoHa WINGは、超高速SSD・高速化技術を組み合わせた国内No.1の圧倒的スピードを誇るレンタルサーバーです。

大量アクセス時でも高速処理の実現が可能なnginxを採用しており、ストレージは高速・安全にデータを書き込めるオールSSD RAID10構成となっています。

初期費用は無料で、料金も安いのでコスパにも非常に優れています。

また、WordPressサイトをワンクリックで移行できる「WordPressかんたん移行」や、移行作業を全てお任せできる「WordPress移行代行」サービスがあるため、他社からの乗り換えも簡単です。

⇒「ConoHa WING」公式サイト

ColorfulBox(カラフルボックス)

ColorfulBox(カラフルボックス)

全プランで最新SSD、高速Webサーバー「LiteSpeed」、「HTTP/3」表示に対応したハイスペックレンタルサーバーです。

申込後でも上位プランや下位プランへの変更が簡単にできるため、あらゆる運用局面において柔軟に対応することが可能です。

また、地域別自動バックアップ機能を標準搭載しているのも大きな特徴です。完全に別の地域にバックアップをとることで、災害などのリスクに備えることができ、従来のレンタルサーバーよりも遥かに高い安全性を確保しています。

⇒「ColorfulBox(カラフルボックス)」公式サイト

mixhost

MixHost

mixhost(ミックスホスト)は高い処理能力を誇るRAID10構成のSSDを採用した最新ハイスペックレンタルサーバーです。

また、HTTP/3&QUICに完全対応したLiteSpeedを採用しているから、表示速度をより高速化させることに成功!

プランをいつでも自由に変更できるから、リソース状況に応じて必要なだけ利用できるのも嬉しいポイントです。

国内レンタルサーバーとしては珍しく、アダルトサイトの運営も可能です。

⇒「MixHost」公式サイト

エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーは高速・高機能・高安定性の三拍子そろった、評判の良い高性能レンタルサーバーです。

全プランオールSSD採用で、バックボーン数値はおよそ232Gbpsと圧倒的に快適な環境を提供しているので、安定感は抜群で、ストレス無く快適に動作を実感することができます。

料金も安く、非常にコストパフォーマンスの良いサーバーですので、個人・法人ともにおすすめです。

初めてサーバーを借りる初心者の方にもおすすめです。

⇒「エックスサーバー」公式サイト

ヘテムル

heteml

ストレージはデータベース、サーバーも含め全てがSSDとなっているので、超高速なサイト運営が可能です。

256GBと大容量なので、動画や画像などを大量にアップロードすることもできます。

また、ワードプレスなどのCMSはもちろん、Flash Media Serverや、CakePHP・FuelPHP・ZendFrameworks2などのフレームワークもワンクリックで簡単インストールすることができます。

ワードプレスなどで複数サイト運営したい方におすすめです。初心者から上級者にまでおすすめできるサーバーです。

⇒「heteml」公式サイト

WADAX

WADAX

WADAXは中小企業サイトに利用率が多い、ビジネス向けのレンタルサーバーです。

WADAXの一番の特徴はセキュリティ力の強さです。

セコムと提携し、不正侵入検知予防サービス(IPS)や大規模DoS/DDoS攻撃防御、定期セキュリティ診断を導入するなど、強固なセキュリティ環境を構築しているので、ビジネス用途でも安心して利用することが出来ます。

また、SSDを搭載しているので、処理速度が非常に早く、サイトのパフォーマンスを向上させてくれます。

サポートは365日(平日:9時~22時、土日祝:9時~18時)無料での電話サポートに対応しているのも嬉しいです。

⇒「WADAXレンタルサーバー」公式サイト

WPX

wpXレンタルサーバー

WPXはワードプレスに特化した超高速レンタルサーバーであり、SSDストライピング構成によるディスクI/O速度の高速化を実現しました。

ワードプレスサイトの場合、表示速度でストレスを感じてしまうことが多いですが、WPXであればサクサクと表示されるので、ストレス無く快適にサイト運営をすることができます。

サイト運営はワードプレスに決めている!といった人にはおすすめです。

⇒「wpXレンタルサーバー」公式サイト